•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


バブリーな時代があったからこそ現代のたれ目がある

若い女子に絶大な人気を博している「ギャルメイクgirlきらきら
でもこのギャルメイクも歴史によって変動はありました
80年代のバブル時代はみんな同じメイクで極太眉毛に真っ赤なルージュが基本でしたshokopon
日本中が元気でお化粧にもパワフルさが反映されています。
その後、バブルが崩壊して日本が沈んでいくと同時に、お化粧の派手さも沈んでいきましたダウン・・・↓
「ナチュラルメイク」の登場です。また、「チーク」「ツリ眉」「形がキッチリした眉」が登場しました。
今のギャルメイクのルーツが築かれたのはこの頃からですハート
時代は2000年代に突入。
テレビのハイビジョン化の影響で、お化粧が爆発的に進化し、世間に浸透しましたきらきら!!
この頃のギャルメイクのお手本になっていたのはキャバ嬢であり、
ここに今のギャルメイクが定着しました薔薇
今のギャルメイクは「目」が命ですマスカラ
しかし、目の形一つとっても時代によって流行があります。
これまではいかに目を大きく見せるかにかかってましたが、
今はそれプラス、いかにタレて見えるかがカギですpanda
そこで、ラインやシャドウでたれ目にしてもお化粧落としたら残念・・・miniシュン
なんてことにならないように「たれ目形成」の需要がうなぎ昇りになりましたとさアゲ
かつての平安時代は「まん丸顔の一重」が美人の証でした。…そんな時代が再来したりして平安
「流行っているから~」なんて軽い気持ちで切開しちゃうと後悔しますよん注意
しかも少しずつですが、たれ目は廃れてきている傾向にあるようとか。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •