•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


たるみ治療、中高年、老化、下瞼

たるみ治療、中高年、老化、下瞼

お肌のたるみ治療と聞くと、対象者は中高年と思われるかもしれませんが、目元に関してはそうでもありません
目元の老化は遺伝的なことが原因の場合もありますので、若い人が治療を受けることも一般的にあります。
上瞼のたるみも下瞼のたるみも基本的には余分な皮膚や脂肪を取り除いてあげることです。上瞼のたるみ解消に関しては、二重のラインをつくる位置で切開するものや、眉毛の下のラインにそって切開してたるみを除去してあげるものもあります。
下瞼のたるみ取りに関しては、マツゲのすぐ下を目の形に添って目の大きさの少し外側いわゆる目尻側まで切開し、そこから脂肪を取り除いたり不要な皮膚を切り取って引き上げます。
ちなみに、上瞼の脂肪に関しては年月と共に自然に下垂していくものですので、上瞼の脂肪取りをする必要性がある人は極めて少ないと思われます。
下瞼の皮膚を切り取る必要がない人は、瞼の裏側を切開して、そこから脂肪を取り除くことだけの治療法もあります。自分の目元のたるみの原因によって治療法は変わってきます。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •