•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


眼瞼下垂、先天性、眼瞼挙筋、一部を切除

眼瞼下垂、先天性、眼瞼挙筋、一部を切除

上まぶたの筋力が落ちてしまい、瞼が下がってしまっている状態を、眼瞼下垂と呼びます。眠そうな目、元気がなさそうなトロンとしている目は、眼瞼下垂の可能性があります
眼瞼下垂には先天性と後天性のものがあり、先天性眼瞼下垂は、生まれつき眼瞼挙筋(まぶたを持ち上げる筋肉)が不全でまぶたが黒目の上まで上がらない状態、後天性眼瞼下垂は、上まぶたの外相やコンタクトレンズによる刺激、老化などにより眼瞼挙筋が衰えてしまった状態です。
挙筋短縮法は、伸びきってしまった眼瞼挙筋の一部を切除することで全体を縮め、弱い力でもまぶたを大きく持ち上げることができるようにして、はっきりとした目もとを手に入れる眼瞼下垂の治療方法です。
クリニックによって、皮膚側から切開する方法と、結膜側から切開する方法があります。皮膚側から切開する挙筋短縮法は、二重まぶたの形成も同時に行えるというメリットが、結膜側から切開する挙筋短縮法は、腫れが少なく皮膚に傷が残らない、というメリットがあります。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

 

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •