•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


あご削りを受けると骨が弱くなる

あご削りを受けると骨が弱くなる

あご削りは、長く突き出てしまっているあごの骨を削ったり切ったりすることで、輪郭、フェイスラインをすっきりとさせる美容整形手術です。口の内側から切開し、あご骨を削ったり切ったりします
あご削りを行うと、輪郭、フェイスラインが骨の形状から変わるため、顔の印象に大きな変化を与えます。ヒアルロン酸やボトックスの注入は一定期間で元に戻ってしまいますが、骨切り、骨削りは、半永久的に効果が持続します。
また、口の内側から切開するため、傷跡は目立ちません
あご削りを受けると、実際に骨を削ったり切ったりするため、あごの骨が弱くなってしまうリスクがあります。また、一度あご削りの手術を行うと、修正手術は困難です。技術レベルの高いドクターを選ぶとともに、カウンセリングで十分に話し合った上で手術に臨んでください。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •