•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎の骨切り、オトガイ、神経、損傷

顎の骨切り、オトガイ、神経、損傷

顎の骨切り、骨削り手術の弊害ではオトガイ神経損傷が先ず挙げられます。着実な変化を出そうと神経の近くでギリギリまで削るような手術で起きるものです。オトガイ神経は下顎骨から出ている穴の下5mm位で骨の中の下歯槽神経管を通るので、5mm以上末梢で骨切りをしないといけないものなのです。もしこのことが分かってない術者がいたら大変危険です。しかし、下顎骨の手術で良いフェイスラインを得るような側方までの骨削りを行えば神経は切らないまでも術中に牽引はしますから、術後一過性の知覚鈍麻はよくあるのが医療水準だと考えて下さい。ただオトガイ神経は切断しない限りは回復は良い神経なので一過性の麻痺は必ず回復します。某大学病院では嘗てやや乱暴ですが、術中に邪魔になるオトガイ神経をメスでスパッと切断し、骨を削り終えてから丁寧に縫合すると聞きました。それでも知覚は2年かかりますが完全に回復するとの事です。この神経は切断したままにならなければ一応安心して良いものと考えられています
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •