•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


腫れぼったい目の原因、余分な組織を除去

腫れぼったい目の原因、余分な組織を除去

全切開法とは、二重のラインに沿って皮膚を切開し、余分な組織を除去して縫合することで、二重まぶたを形成する方法です。くっきりとした二重まぶたを形成できるだけでなく、腫れぼったい目の原因となるまぶたの脂肪を取り除くこともできます。また、埋没法は数年で元に戻ってしまいますが、全切開法は、半永久的に持続する二重まぶたを手に入れることができるのも特長です
まぶたが厚く腫れぼったい方、埋没法で二重まぶたにしたが、元に戻ってしまった方などにお勧めする、二重まぶた形成方法です。
なお、できる限り両眼の治療を同時に行うことをおすすめします。同じラインで、同じように切開したとしても、まったく同じ状態になるとは限りません。まぶたの左右差が生じるのを避けるため、できる限り同日に治療を受けることをおすすめします。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •