•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


脂肪、眼球、眼窩脂肪、くぼみ

脂肪、眼球、眼窩脂肪、くぼみ

年齢とともに目の下に出来てしまった弛みの原因は脂肪です
眼球の周りには脂肪がたくさんあり、脂肪の中で眼球が浮いているようなイメージです。その眼球を支えている脂肪が、重力によって下へ下へと押され下まぶたに袋ができたように見えるのです。下まぶたに弛みがあると、周囲に人に「疲れている」「睡眠不足」といった印象を与えがちです。
そんな症状の改善法に、下眼瞼切開術(ハムラ法)というものがあります。
まずは下まぶたのまつ毛ギリギリのところにメスを入れ、余分な皮膚を切除し取り除きます。この時に加減なく皮膚を取り過ぎると外反(アッカンベー状態)となることがありますので注意が必要です。
余分な皮膚を切除後、眼輪筋の下を剥離し眼窩脂肪を露出させます。余分な眼窩脂肪は切除しても良いのですが、目の下のくぼみの部分に移動させてくぼみの改善に役立てることもできます。
脂肪を移動させた後は、眼輪筋を外側に引き上げ下まぶたの引き締めを行います。この時点で皮膚がまだ余っていれば切除を追加します。この施術に使用する糸は吸収性で行われます。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •