•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


フェイスリフト、筋膜、腫れ、担当医、術式

フェイスリフト、筋膜、腫れ、担当医、術式

フェイスリフトの施術方法は、術式にもよりますが、耳の前から側頭部にかけて切開を加え、皮膚の下の筋膜、皮膚を別々に引っ張り上げるのが一般的です
もう少し深いところを処理するリガメントリフトというものもありますが、腫れが引くのに時間がかかることがあります。術後は数日間圧迫するために包帯(というよりバンドですが)で押さえておきます。痛みはあまりないようです。いずれにしても担当医によって術式や術後経過も違います。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •