•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


人工乳腺、感染症、大きなバスト、脂肪

人工乳腺、感染症、大きなバスト、脂肪

人工乳腺と違い自己の細胞を使う脂肪注入法は、体への拒否反応の問題はありません。脂肪は注射器で注入するため、感染症にかかる可能性も人工乳腺と比べると低いです。なので後遺症の可能性はかなり少なく安全と言われています
しかし、人工乳腺でそれなりに大きなバストにするにはかなりの量の脂肪が必要になります。吸引した量より注入する量のほうが少なく、さらに体内に入れても定着する量はもっと減ります。
定着率を上げるには、バスト全体にまんべんなく脂肪を注入しなければいけませんが、それでも定着できなかった脂肪はでてきます。それらの脂肪は基本的には溶けて体外に排出されるといわれていますが、上手く排出されないと、カルシウムが沈着してしこりになったり、壊死した組織にカルシウムが沈着して石灰化したり、脂肪周囲の壊死や吸収された組織、その部位にキズができて硬い組織になる繊維が起こります。
そうなると、マンモグラフィなどの乳がん検診を受けたときに癌細胞との区別がつきにくくなるので、乳癌の早期発見の妨げになるかもしれません。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •