•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


脂肪吸引、凹凸、アフターケア、痛み

脂肪吸引、凹凸、アフターケア、痛み

脂肪吸引手術のトラブルに、お腹や太もも、背中や二の腕は細くなったのに吸引したところがでこぼこになってしまったという事があります。でこぼこになってしまう原因は、過剰に脂肪を採ってしまう事が原因と考えられています。一箇所だけ集中的に吸引せずにまんべんなく行わないと皮膚の表面に凹凸があらわれます。医師が技術や経験不足で行うと汚くなってしまいます
身体の脂肪の付き具合にもよりますが、一度に採れる脂肪の量は決まっています。それでは脂肪吸引が不十分である場合は、期間をあけて数回に分けて脂肪吸引を行う必要があります。何度も通うのが面倒であるといったり、費用がもったいないと、一度に大量の脂肪を吸引すると、大きな失敗に繋がります。また、脂肪吸引を行うと、硬縮という皮膚が硬くなる現象が起こります。硬縮は皮下組織が脂肪が突然無くなった事に対応できず、皮膚が硬くなってしまう現象です。 脂肪吸引後に、不自然に肌が硬くなるので、失敗したのではと思う人もいますが、正常な身体の反応です。この、硬縮によって皮膚が硬くなり肌が凸凹することがあります。硬縮を改善するには、とにかくマッサージを行って、固まらないようにほぐす事です。このマッサージを怠ると、肌が凸凹のまま定着してしまいます。脂肪吸引後のすぐ後は、痛みや腫れもあるので行えませんが、1週間もしたら毎日マッサージを行いましょう。脂肪吸引による肌の凸凹は、アフターケアの不十分さと、医師の技術不足が原因とされています。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •