•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨体部の骨切り、ワイヤーで固定

頬骨体部の骨切り、ワイヤーで固定

頬骨は、形態的には体部と弓部が連続しているため、両者を同時に一塊で後退、幅寄せを行う手術法です。その際には口の中、耳の上方の2ヶ所の切開からアプローチします。手術はこの2方向から骨削り、骨切りを行います
はじめに、耳の切開から顎関節の前方で弓部の骨切りを行います。次に口の中から、頬骨体部の骨切りを行います。この骨切りの際に、頬骨全体が内側に入り顔面の突出、横幅は減少しますが、同時に頭側に移動させて頬のたるみを防止することが重要です。
この2ヶ所の骨切りで頬骨はほぼ全長に渡って可動性が得られます。体部での骨切りはその張り出し程度に応じて、4~6㎜ほど中抜きを行って内側に移転させて、ワイヤー(糸)で固定を行います。この部位(上顎)で骨切りをした場合には確実な効果を得るために固定が重要になります。
骨を固定した後は、眼窩下縁を中心に周囲の骨との段差をなくすためにラウンドバーで丁寧に削ります。
耳前部は固定を必要とするかどうかは頬骨弓の形状によります。体部で内側に移転させた際に弓部が外はねする場合、また目いっぱい頬骨弓を内側に移転させたい場合にはワイヤー固定を行います。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •