•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


骨自体をもろくしてしまう危険性がある頬骨削り

骨自体をもろくしてしまう危険性がある頬骨削り

頬部分が気になる場合、骨と脂肪の修正を加えて小顔に導く方法があります
頬骨が出ていると顔全体の横幅が広くみえ、角張った顔に見える傾向にあります。優しげな美人顔にはほど遠いものとなってしまい、女性においては大きな悩みとなります。
頬骨を削ることによって、バランスの整った優しい印象の小顔に改善できます。頬骨は構造上、弓のようにアーチ構造になっているので、一般的に頬骨弓と呼ばれます。頬骨の張り出しは前方と側方への2方向があり、手術は頬骨の張り出し方によって異なります。施術そのものは、口の中からと髪の内側(もみあげ部分)を切開して頬骨へアプローチします。なお、傷跡は髪の中に隠れるので分かりません。
特に最近は、より小顔、より綺麗な仕上がりを求められていることから、両方の施術内容を併用する場合が多くなっているようです。
ただ、どちらの手術もやり過ぎると、骨自体をもろくしてしまう危険性があり、知識と経験豊富なドクターの熟練した手技が求められます。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •