•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


切るフェイスリフトのリガメント法

切るフェイスリフトのリガメント法

若返りの治療方法には切開するフェイスリフトと糸を使い切開しないでリフトアップさせるものがあります。切るフェイスリフトでもたくさんの術式がありますが、その中の一つ、リガメント法というものがあります
顔の皮膚は骨や筋肉に張り付いており、靭帯であるリガメントというバンドのような強固な繊維組織により固定されてます。リガメントは、耳下腺の前縁と咬筋の前縁、頬骨の前方の外側と、限られた箇所に存在するため、顔全体が同じ強さで癒着しているわけではないのです。
リガメントのあるところは、リガメントが骨と皮膚を強く固定しているので皮膚はあまり弛みません。一方、リガメントのない部分の皮膚は土台となる組織との癒着が弱く、皮膚が垂れ下がりやすくなります。よって、リガメントのない部分が垂れ下がって膨らみとなり、あるところはへこみとなります。これが加齢による皮膚のデコボコです。
従来のフェイスリフトは、リガメントによって骨や筋肉を癒着した状態のまま表面の皮膚だけを持ち上げていましたので、リガメントが突っかかり棒になって引き上げられる範囲も限られていました。しかし、骨や筋肉とつながっているリガメントをいったん切断することで突っかかりがなくなり、口角や法令線にまで引き上げる力が届くようになりました。
皮膚や筋膜はリガメントに比べると簡単に伸びてしまう組織なので、それを引っ張っても後戻りがおきますが、リガメントは皮膚や筋膜とは比べ物にならないほどしっかりした硬い組織ですから、リガメントを使って頬や首のたるみを引き上げると、術後の後戻りが起こらないといわれています。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •