•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸手術が終わった後の過ごし方

豊胸手術が終わった後の過ごし方

術後は必ず腫れ、場合によっては強い痛みがあることも少なくないので必ず安静にしています。豊胸手術は切開手術であり、体内に異物を挿入するため、予期せぬトラブルが起こる可能性があります。そのため、最低でも豊胸手術後3過程度は必ず安静にします。切開手術であるため、皮膚を縫い合わせた1週間後に抜糸が必要になります。また、抜糸が必要ないタイプの糸もありますが費用が高くなります
術後から抜糸をするまではお風呂に入らないようにして、抜糸の翌日から入浴しましょう。シャワーの場合は、術後3~5日程度の間をあけて胸の腫れが落ち着いた状態になってから切開部位を保護して浴びるようにします。
術後2週間程度は下着、プラジャーをつけないようにします。その後も、胸を圧迫するような補正下着などはつけないようにします。
術後は胸の痛みがあり、大きく腫れたりもします。体が落ち着くまでは飲酒や喫煙はしないようにします。特に喫煙はマッサージが必要な時期はできるだけ控えるようにしたほうが安全です。
スムースタイプのバッグを選んだ場合は、被膜拘縮を防ぐため術後3ヶ月程度はマッサージが必要になります。マッサージは自分で行うよりも病院で行ってもらう方が安全だと思います。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •