•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


脂肪を限界まで多く取りたい

脂肪を限界まで多く取りたい

根こそぎ脂肪を取ってほしい、とことん脂肪を落としたい。せっかくやるなら限界まで取りたいと、多く取ることばかりに目的を設定すると、部位によっては組織ダメージにより、痺れが残ったり、デザイン上、取り返しのつかない結果になったりします
太股の脂肪を野こそぎ限界まで取ってしまった場合、太股の付け根にあるお尻を支えるための柱となる脂肪まで無くなってしまい、加齢や経年とともにお尻が垂れ下がってきます。
頬は、頬骨の下の脂肪は取ってはいけません。この部分の脂肪を取るとゲッソリして不健康な印象になります。
二の腕や内股は、中央部分が吸引されやすいので、取れるがままに吸引していると砂時計型になり形がおかしくなります。
脂肪には、多く取っていいエリア(ポジティブゾーン)と、多く取ってしまうとデザインが悪くなるエリア(ネガティブゾーン)があり、美しいデザインを作るには、まわりの形を支えるための役割を持った、ネガティブゾーンの脂肪は残しておくことが重要です。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •