•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


出っ歯治療は上顎分節骨切り術か歯科矯正か

出っ歯治療は上顎分節骨切り術か歯科矯正か

出っ歯は、上顎分節骨切り術で整った口元に改善できます。矯正では通常1~2年がかかりますが、上顎分節骨切り術は、1日で出っ歯を治すことができる施術です。抜歯して歯科矯正のみでこの隙間に前歯を倒す方法と似ていますが、効果は全く異なります。抜歯して歯科矯正で歯を内側に倒すと、横顔のラインに対する歯の角度がなくなり、非常にバランスを悪くします。分節骨切り術では、上顎骨・下顎骨の最前部を後方に移動させて抜歯後の隙間を埋めていきますので、横顔のラインに対する歯の角度は変化せず、自然な口元になります
上顎のみを考えるのではなく、額・鼻・口元・顎先までの横顔のラインのバランスをみてデザインします。単に上顎だけを後退させるだけで良いのか、下顎も同時に手術した方が良いのか、鼻とのバランスはとれているのかなど、術前にレントゲン写真の分析、咬合模型を基に診断、デザインを行い治療方針を立てます。手術の大きさから考えると、骨格の手術の中では最も腫れが少なく比較的回復が早い手術です。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •