•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


セットバックで上下顎を同時に処置

セットバックで上下顎を同時に処置

上顎前突上とは、顎が前に出ており、出っ歯、ガミースマイルなどとも言われます。鼻の下が長かったり、上顎が長いことです
上顎骨が突出している方、もしくは歯茎の部分が長く、笑った時に歯茎が出てしまうガミースマイルの方の改善は、症状に合わせて上顎骨切り、あるいは粘膜切除といった方法で改善できます。ただ、噛み合わせなどに問題がある方は上下両方の顎の手術が必要になる場合もあります。
また、上下顎前突(セットバック)と言われる、口元全体が前に出ていたり上下両方の顎が出ている方がいます。
上下両方の顎骨を後退させる手術をセットバックと言います。
一般的には、上下の歯槽骨を切ると同時に、左右の歯を1本ずつ抜歯することで、その抜歯されたスペースの分、骨を後退させるという手術内容で改善されます。
この手術を行っているクリニック自体少なく、更に、満足のいく結果を出しているクリニックとなると数が限られてくるのが現状です。また、高度な技術とともに、設備なども万全であることが信頼できるクリニックの条件と言えます。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •