•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


下顎、人工骨、あご、プロテ

下顎、人工骨、あご、プロテ

日本人の特徴の一つである下顎が引っ込んでいる症状を改善する治療に、人工骨(ハイドロキシアパタイト)を挿入する方法があります。人工骨によりあごを出すメリットは、いずれは自分の骨に変わるため、下顎骨に負担が少ないことが挙げられます。またプロテーゼのように上へ移動変異することは殆どありません。特にバイオペックといわれる粘土状ハイドロキシアパタイトでは、きわめて美しい形状に形成することが可能です
ただし、人工骨によりあごを出すデメリットとしては、材料が高価であることが最大の欠点です。また、術後数年経ってこれを取り除きたいと思っても、プロテーゼのように簡単に取り出せず、削るしかありません。
————————-◇
上記の「下顎、人工骨、あご、プロテ」は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •