•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


CAL組織増大術、脂肪、生着率、感触

CAL組織増大術、脂肪、生着率、感触

CAL組織増大術は、ご自身の脂肪と脂肪由来幹細胞を用いる新しい医療技術です注入する脂肪の中の幹細胞の密度を高めることにより、CALは従来の脂肪注入術よりも、脂肪の生着率を高める事ができるようになりました。脂肪と共に乳房や顔へ注入された幹細胞は、次世代の脂肪細胞として生着します。また新しい血管をつくる働きも担い、脂肪の生着を促します。そのためCALで再建した乳房や顔の組織は柔らかく、自然な感触が持続するという特長があります。
————————-◇
上記の「CAL組織増大術、脂肪、生着率、感触」は読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •