•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


鼻、プロテーゼ、血行の悪い部分、炎症

鼻、プロテーゼ、血行の悪い部分、炎症

鼻先を高くしたい人に対して、多くのクリニックではL字型プロテーゼを使用し、鼻筋から鼻先までを一気に高くします。その方法は簡単で形の面からいっても綺麗なのですが、デメリットとしてはいかにもシリコンを入れましたという顔になりやすく、安全面でも少し引っかかるところがあります
鼻は触ってわかるとおり、鼻筋は硬く、鼻の先は軟らかいものです。硬いところは骨で、軟らかいところは軟骨です。また、鼻先は皮膚の血行が悪い部分です。プロテーゼは骨より軟らかく、軟骨よりは硬い素材です。なので、もともと硬い鼻筋にプロテーゼを使用することには問題はありませんが、鼻先にプロテーゼがあると、本来より硬い状態になってしまいます。さらに血行の悪い部分にプロテーゼ等の異物があると炎症を起こすことがあります。
なので鼻筋と鼻先の施術を使い分けているクリニックもあります。鼻筋にはプロテーゼを、鼻先には耳介軟骨を移植するなどして、より自然な仕上がりを心がけています。
なお、耳の軟骨を採取したからといって、耳が変形することはありませんし、移植した軟骨はその場に生着するので、元来の鼻先の柔らかな手触りはそのままと言われています。
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •