•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎、引っ込んでいる、下膨れ、プロテーゼ

顎、引っ込んでいる、下膨れ、プロテーゼ

下顎が引っ込んでいるのをバードフェイスと言います。
顎が後退している輪郭は、東洋人の顔の特徴とも言われています。日本人は西欧人種に比べ、骨格的に下顎骨が引っ込んでいる人が多い傾向にあります。下顎が後退していると下ぶくれの輪郭になりがちなうえ、顔全体の立体感が欠落するため、実際の顔の面積以上に顔が大きく見えてしまいがちです
お手軽で、最も多く行われている改善方法としては、顎先にプロテーゼを入れることです。プロテーゼも数種類ありますので、その人の状態をみながら希望する大きさや形状に合ったものを慎重に選ぶ必要があります。その際、必要があれば顎骨切り術を併用することがあります。口腔内からのアプローチなので、傷は一切目立つことはありません。
————————-◇
上記の「顎、引っ込んでいる、下膨れ、プロテーゼ」は「読者の寄稿記事」です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •